切手を売るときに抑えておくべきポイント1!

切手はハガキや封筒に貼り付けて使用する以外にも、記念としてコレクションするために発行されることも多いです。しかしその記念が全て切手の価値に繋がるかというと、そういうわけではありません。コレクションアイテムとしての価値の決定には、その切手の人気と希少性が大きく影響してきます。たとえ数が少なくても人気が無かったり、逆に人気はあっても簡単に入手できる場合は価値が付かないので注意してください。そしてその種類は大体が決まっています。

切手を売るときに抑えておくべきポイント2!

切手を買取しているところには、査定をする人の目や知識だけでなく流通のルートなど様々な要素が含まれます。なので一つのところに依頼しただけでは、切手が持つ価値を見逃してしまう怖れもあります。なので複数のところに依頼して、それぞれが提示する額を見比べながら切手の価値を定めるのが賢明です。今ではお店に持ちこむ以外にもインターネットを利用して簡単に査定ができるところも多いので、比較もそう難しいことではありません。

切手を売るときに抑えておくべきポイント3!

買取されるような切手は使用済みであることも多いですが、価値があればその状態でも査定されます。ただ基本的には新品に近い状態の方が高い価値が付けられます。なので売ることを考えるのであれば、複数枚や台紙とセットになっている状態のまま保存しておくのが望ましいです。もし切り取り部分で簡単に取れてしまいそうな状態の時は、頑丈なケースに入れるなどして保管しておくと良いでしょう。状態次第では一枚だけのものよりも数倍の額が付けられる可能性もあります。